Mieko Nishimura Curriculum Vitae       西村美江子(観美)  
 

Mieko Nishimura was born in Sendai , Miyagi Prefecture in the Northern part of Japan . She graduated from Keisen Woman's Junior College and entered Kyoritsu Woman's College where she majored in Art.

Mieko was fascinated with flowers since she was a child and her desire to understand the beauty and the fragility of the little “lives” made her want to paint them.

She married Kosen Nishimura, a well known sculptor, and moved to Kyoto . They now live in the mountains in Kyoto in an “artist community.”

Mieko regularly holds exhibitions in Kyoto , Osaka , Tokyo and other parts of Japan.
She has also exhibited in :
Edinburgh (in the prestigious Royal Gallery of Scotland),
London (Soho Arts Theatre) ,
Avignon (Hotel Mercure Pont d'Avignon),
Montreal (Theatre La Chapelle) and
Adelaide (Nexus Gallery, EU Cellars Gallery and Mercury Cinema).

Apart from her paintings, Mieko has been involved with unique collaborations with Shakti, a world famous Indian dancer who has created her own new form of dance based on Indian Dance and yoga.
“The Pillow Book”, where Mieko did a live nude body painting on stage as part of the show on Shakti's body, created a sensation in Edinburgh Fringe when it premiered in 2001.
It was then taken to London Soho Arts Theatre, Avignon Festival Off, Adelaide Fringe, Kolkota Interface Festival, Montreal La Chapelle, Tokyo Aoyama Enkei Theatre and Kyoto Prefectural Arts Theatre.

Their second collaboration was “Vivaldi - painting, body painting and dance” which was performed in Adelaide and outside in the inner garden in Avignon . The 4 seasons were depicted in various paintings and calligraphy and dance.

She has also done a production, “Heavenly Bird - Mayura” which was performed in Edinburgh Fringe Festival and Adelaide Fringe.
This was a slide show of Mieko's paintings of the Heavenly Bird accompanied by text written by Mieko herself and music composed by her brother-in-law, Kouei Nishimura, who is a musician as well as the head priest of the Otagi Nembutsu Temple in Kyoto .

This show was performed in the Aldgate Primary School where it inspired many children. The seed of happiness that the Heavenly Bird brought was indeed planted in the children's minds and hearts.

Her works of heavenly beings and flowers have inspired many people abroad.

     

西村美江子は、日本の東北地方の仙台で生まれました。

恵泉女子短期大学を卒業、ついで共立女子大学芸術部で芸術を専攻しました。

彼女は子供の時から花に憧れ、彼女の関心と希望は ” その小さな生命に託された美と香りを理解することにありました。

卒業後、彼女は著名な彫刻家、西村公泉と結婚し京都に移り住みました。
彼らは今、京都の西山にある芸術村に住んでいます。

京都、大阪で規則的に個展を開くほか、日本の他のところでも積極的に活動しています。



また、海外ではエジンバラ( Royal Gallery of Scotland )
ロンドン (Soho Arts Theatre)
アヴィニヨン( Hotel Mercure)
モントリオール (Theatre La Chapelle)
アデレード (Nexus Gallery, Mercury Cinema) 等があります。

絵の展覧会の他、彼女は世界的に有名なインド舞踊家シャクティとのコラボレーションで活躍しました。

シャクティはインド舞踊とともに、インド舞踊とヨガをベースに自分の新しい舞踊を創立したことで知られています。

また、2001年  ” The Pillow Book ”  シャクティのユニークな創作
「枕の草子」が初演され、ショーの1部として舞台でシャクティの裸体に描かれた彼女のボディーペインティングは  ” 2001年エジンバラ・フェスティバル ” で 話題になり、大センセーションをおこしました。

その作品は、ロンドンのソホー・アートシアター、アヴィニヨン・フェスティバル・Off、アデレィド・フェスティバル及び インド・コルカッタ、インターフェイス・フェスティバル、モントリオールLaチャペル、東京青山円形劇場と京都は、
京都府立文化芸術会館で上演されました。


彼らの第2弾、コラボレーションは  ” Vivaldi ”  ボディペインティングとダンスです。これはアデレイドとアヴィニヨンの内庭で上演されました。4つの季節は、季節にちなんださまざまな絵とダンスで表現されました。

美江子の娘、真由羅はヴァサン タマラ印度舞踊研究所に所属し、
ヴァサンタマラからインド舞踊を習っています。

そして毎年、 ヴァサンタマラ舞踊団の一員として、国際的に活躍するシャ クティの
公演にに参加し、内 外で舞踊の研鑽を積んでいます。

 
彼女は又、 ”Heavenly Bird Mayura” 天上の鳥、まゆら 
という表題のプログラムを制作し、エジンバラとアデレイドで上演しました。

これらは彼女の絵の スライド・ショーで、台本、西村美江子、音楽は彼女の
義弟、西村公栄の作曲 によるものです。

西村公栄は音楽家として知られ、同時に京都の愛宕念 仏寺の住職でもあります。

このショーは、アデレイドの小学校で紹介され、多 くの子供たちを喜ばしました。

天上の鳥のもたらした幸せの種は、きっと子供 たちの頭や心の中に
植えられたのでしょう。

西村美江子 の作品のなかに表れる天人や、生き物や花ばなは、
多くの外国の人びとを勇 気ずけたことと思います!